結婚を決める理由とその心理 あなたはいつ結婚を決めましたか?

恋愛について
Pexels / Pixabay

恋人同士から、夫婦になるタイミングはいつなんでしょう。

またその時の心理は、いったいどういったことが決め手となって、結婚を決意するのでしょうか。

いわずとも、世間一般、もっとも理想的な結婚だと思われているのは、恋愛感情が、高まって「ずっと一緒にいたい」から結婚をするということでしょう。

しかし、このきっかけは、意外と少数派なんです。

そろそろ結婚してもいい年齢だな・・・とそういった意味での結婚パターンが思ったより多いのです。

長い間、だらだらと付き合い、つかず離れずの距離感で、周りからは、あの二人は、いつ結婚するのだろう、いつ結婚してもかしくないのに、と思われているカップルもいますよね。

そんなときに解決してくれるのが「妊娠」だったりすることが増えてきました。

いわゆるできちゃった婚と呼ばれるものです。結婚している期間よりも、妊娠している期間の方がながくして子供が生まれてくる状態のことです。

このできちゃった婚は、今では、4人に1人以上が、この理由で結婚しているようです。たしかに私の周りや、結婚の話になると、この手の話は、よく聞くようになりました。

たいていの夫婦は、お互いに依存しあっている

妻は夫に経済的に依存し、夫は妻に家事や育児、身の回りの世話などを任せっきりです。そうすると「恋愛結婚」といっても、結局お互いに相手がいないと、生きていけないから、自然と一緒に暮らすようになります。実際に生活がかかっていますから、恋愛結婚とは、程遠いのです。

そうではなく、一人で生きていけるけど、二人になるとより楽しい生活を送ることができるから結婚するという関係であれば、相手との関係を純粋に楽しめる生活ができます。お互いが、自立しているので、心の健康には、とてもいいようです。

少し違ったパターンもあります。

恋愛に疲れてきて、もう落ち着きたいという理由で、結婚を考える方もいます。あるいは、相手に求めるものが、わくわくした緊張感から安心感に変わった時に、結婚を考える人もいます。

周囲の友人が、次々に結婚していき、そんな理由で、「私たちもそろそろ結婚を」という、少し焦りの入った、人に影響されるような結婚もあるようですが、それはちょっとおすすめしませんね。

他には、なんとなくいい年になったから、転勤、引っ越しで離ればなれになってしまうのが嫌だから、老後に一人は寂しいから、子供が欲しくなったからなど理由は、たくさんありますが、まずはそのタイミングで、相手がいないとなかなか結婚は難しいですね。(あたり前ですが)

ここぞというタイミングを早めに決めておくのも一つの手ではないでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました