スピード婚のメリットを3つ探してみた



スピード婚って知り合ってどれくらいの期間で結婚することなのでしょうか。

スピード婚って言われても、1日で結婚する場合もあるだろうし、3か月の場合もあるだろうしそれ以上の期間もあります。

ここでは、おおむね知り合って(付き合ってじゃないよ)1年以内での結婚をスピード婚という事にさせてもらいます。

スピード婚で有名なところでは、森三中の大島さんと鈴木おさむさんですね。付き合い0日で結婚ってことになっています。今でもこの二人幸せそうですよね。

スピード婚をしている人で、そのあとの結婚生活が上手くいっている人は、案外多いのです。

ノリと勢いで結婚したのかもしれませんが、そういったタイミングでもあったのでしょうね。

そこで、スピード婚をするメリットを3つほど挙げてみます。皆さんはどう思われるかわかりませんが、私の感じた「スピード婚」のメリットを3つ挙げてみたいと思います。

 

メリット その1

結婚まであれやこれといって考える時間が少ないことがいいと思います。

婚約を経て、その後、結婚まで1年半なんて世間ではざらでしょうが、その1年半の間に何があるかわかりません。

しかもその間に、結婚への障害と思われることを地道に二人でクリアしていかなければなりません。

クリアしてく中にも、「それ、結婚してからでもいいんじゃない」っていうことも含まれていたりして、何から手を付けていいのか優先順位までもがぐちゃぐちゃになってしまいます。

結婚式までの間に、残りの人生本当にあの人がパートナーでいいのか・・・とか変なことを考える時間が余計にありすぎます。

その点スピード婚だと半分ノリで軽い気持ちで結婚するので、そんなプレッシャーに押しつぶされる確率はぐっと減ります。

 

メリット その2

結婚してから新鮮さが失われないという事です。知り合って間もないので、二人でいる時間も一緒にいるだけで楽しめる期間です。

子供ができる前であれば、二人っきりで、旅行に行ったり、おいしい食事を食べに行ったりと、経済的にも余裕があるので、誰の目を気にすることもなく堂々とデートができます。夫婦なのですから。

 

メリット その3

過去の二人の経験が邪魔をしないという事。

今まで二人で積み重ねてきたものがないからこそ、それを守らなければという、変な脅迫観念に駆られることはありません。

もし仮に10年付き合って、何かいざこざがあった時、今までの10年間を無駄にしたくないばっかりに、お互いが我慢をするようなことがあるかもしれません。結局それが積もり積もって、ある日爆発し、離婚へとつながっていくのです。

スピード婚では、そんな守るものもないので、そこは、お互いがいいたことを言って、さらっと解消できる場合があります。

 

 

以上がスピード婚に対するメリットだと私は思います。

 

おすすめのマッチングアプリはこちら

試してみて!! 不眠を治すにはこんな食べ物がよく効きます