息子が浮気性になるのは、母親の病気が原因という説

恋愛について
mohamed_hassan / Pixabay

せっかくお付き合いをするなら、自分を幸せにしてくれる男性を選びたいものです。

長く付き合っていても、その人の性格や考えていることなどなかなかわかるものではありません。

男の人を知るために役立つ、ちょっと変わった視点で男性を見てみましょう。

彼のお母さんがどんな人かを知れば、彼の大体の人間像が浮かび上がってきます。

幼少のころ彼が母親にどういう風に育てられたか、どんな環境で育ったのかを知れば、その人がなぜ、そんな行動をするのかがうっすらと見えてきます。

 

病気がちな母親に育てられてた男性は、優しいロマンチストになる傾向があります。

優しいロマンチストと聞くと聞こえはいいのですが、ひとつ間違えば「浮気性」という意味にもなるので、要注意です

本来、その年頃の男の子といえば、いたずらなどをしたり、帰りが遅くなったりして、頻繁に母親に怒られます。

そうした経験を通して、女性とは、優しい面もあれば、怖い面もあるという事を知らず知らずのうちに学習していくのです。

母親であれば、怒ったり、大声を出したり、時には体罰をする母親もいるでしょう。また、がさつなところがあったり、掃除が苦手だったり、料理が下手だったりする母親もいます。

そうした母親と生活を共にすることで、子供は、女性をさほど美化してみることがありません。

女性には、女神のような美しい顔と魔王のような恐ろしい顔のふたつがあることを、経験で知っているからです。

ところが、母親が病気がちだと男の子がどんなにいたずらしても、怒って追いかけてきたり、怖い顔でどなったりしません。

記憶の中のお母さんは、とても弱弱しく、やさしく、壊れやすい存在なのです。女神のようなやさしい母親だけが、思い出として残っているのです。

このイメージだけをもって成長し、女性と付き合うことになったら、付き合っている女性がちょっとでも女神的でない、一面を見せると、彼はすぐに拒否反応を示すのです。

「これは、私の思っている女性ではない・・・」

と思ってしまうのです。そして自分のイメージ通りの、やさしい女性を求めずにはいられなくなります。

ところが、いくら求めても、がさつなところの全然ない、女神のような女性などいるものではありません。

そこで、このタイプの男性は、いつまでも自分の理想の女性を求め続け、簡単に言えば、浮気を繰り返すことになってしまうのです。

そんな彼は、女性遍歴を繰り返すのです。次々に女性を求める浮気性の男性です。

 

こんな男性の浮気を止めるためには、彼の抱いているイメージ通りの女性になるしかありません。

タイトルとURLをコピーしました