男は、女の買い物になぜ付き合いたがらないのかを考えてみた

不思議な心理学
sweetlittlethings / Pixabay

男には、女の買い物が理解できないものです。

ある男性が、こんなことを言っていました。

「僕も買い物が嫌いでは、ないんですが、・・・・

普通、買い物というと、何か物を買うために行くわけじゃないですか。それを何も買うことなく、洋服を見ては、また別のお店に行って洋服を見て、また別のお店に行って・・・それを繰り返すだけなんです。

それでも彼女、とても楽しそうなんです。

まだ、自分の洋服ならばいいのですが、他人にプレゼントする洋服にそんなに時間をかけなくてもと思ってしまうんです。

僕なんかもう我慢できなくて、先に帰っちゃいましたよ。」

確かに女性は、ディスプレイを眺めているだけで、楽しそうですよね。男性にとっては、その気持ちが理解できないようです。

女子にとっては買い物は娯楽なのです。

女性にとっては、買い物は娯楽のひとつなのです。様々な商品を手に取って、眺めて、触れて、いろんなデザインを見るその過程が、とても楽しいのです。

しかし、男性にとっては、そんな過程より「結果」を重視するのです。買い物の場合、「結果」というと「買う事」なのです。

その途中の過程は、どうでもいいのです。

男性にとっては、洋服を見る時間があれば、家に帰ってサッカーの試合やゴルフ中継でもテレビで見たいところです。

自分の気に入った「商品を買えた」という事実さえあれば、もう充分なのです。

しかし、まだ楽しい時間を十分に過ごしていない彼女にとっては、「もう少し、ほかの洋服もみようよ」という事になるのです。

街を歩けば、多くのカップルが、ショッピングをして楽しんでいます。きっとお多くの男性は、彼女の期限を損なうことがないように、彼が我慢をしていることも大いにありそうですね。

 

逆に女性が、全く興味のないスポーツ店やカー用品のお店に連れてこられ、何時間も待たされたらどうでしょう。

男性と一緒に買い物をする時は、相手は好んで付いてきているわけではないことを理解し、短時間で済ませるやり方も思いやりのひとつなのです。

それでも買い物が楽しめないという方は、もう別々にいくしか方法はありません。

タイトルとURLをコピーしました