結婚相手の選び方は男と女で違います。



女性は、ステータスや数字で男性を選びます。

女性はよく「結婚相手の条件」の話をします。

これがバブル時代ならば、女性の結婚相手の理想像は、いわゆる「3高」とよばれる、高収入、高学歴、高身長でした。

これらは、全て数字に換算できる条件です。

ところがバブル崩壊後には、「3高」どころか、今度は「3低」と呼ばれる人たちが、理想の結婚相手にふさわしいという風に変わってきたのです。

「3低」とは、低姿勢、低依存、低リスクを意味しています。

そして現在は、どうなっているのでしょう。

社会の変化と共に、女性が好む男性像は、刻々と変化していくものなのです。

いずれにしても、女性が結婚を考えるときには、自分の中での条件を相手の男性が、クリアしているのかどうかを、結婚の判断基準としてすごく重要視しているのは、間違いありません。

その条件をクリアすればするほど女性は結婚へと近づくのです。

長い結婚生活において、必要なのは、生活力であり、コミュニケーション能力だという意識が根底にあるのでしょうね。

 

女性は、男性のステータスを求めます。

女性が生活の安定を持てめるには、やはり旦那の経済力が大きく関わってきます。

職業で言えば、医者だの弁護士だの、会計士、大企業の役員、社長などです。つまり多くの女性は、交際相手や、結婚相手に社会的ステータスを求めます。

「愛があればお金は関係ない」「男の価値はお金でははかれない」なんていうのは、表向きだけなんです。

経済力があるということは、それだけ能力があって、知的レベルが高いということなんです。そのような人と結婚すれば、そのDNAも受け継ぐことができるという思惑もあります。

 

男性は、若くて美しい女性が好きです。

男性は交際相手を選ぶとき、女性の外見を重視します。

「若くて、美しい女性が好き」というのは男性一般に言えることです。

若さには、丈夫な子供を産み育てるという健康的なイメージがあります。

一方、最近では、年上の女性と結婚をする男性も増えてきているのも事実です。

従来は、女性が、頼りになる5歳から10歳くらい年上の男性と結婚をするパターンが多かったのですが、最近では男性が女性にリードしてもらいたいという、リーダー性が一部、位置を入れかわってしまったといえます。

リードしたい女性、リードされたい男性が増えてきたのでしょう。

最後に婚活がブームになった背景についてお話します。

以前は、婚活なんて言葉は、ありませんでした。

婚活がブームになったのは、2007年あたりです。

2008年には、流行語大賞にノミネートされました。

これは、婚活しないと、結婚ができない時代がやってきたことを象徴しています。

晩婚化、非婚化が加速する中で、出会いが少なかったり、生活が安定しない、結婚相手への条件が難しいなど結婚の価値観の多様性も原因のひとつかもしれません。

結婚ができない、結婚がしにくい時代背景が、婚活をより活発にさせるのです。