今まで経験した恋愛を6つのタイプに分けてみました。

恋愛物語
StockSnap / Pixabay

心理学的にも6つのタイプの恋愛に分かれるようです。

私が、いろんな恋愛経験を聞いたところによると、どうも次の6つのパターンに分かれるようです。

それぞれが織り交ざって様々な恋愛パターンを構築していくのですが、それでも、素になるのは、次の6つのパターンのような気がします。

①「狂気的な愛」

このタイプの恋愛は、すごく恐ろしいですね。見るからに「狂気的」ですから。

このタイプは、独占欲もすごく強く、その強さから激しい感情をむき出しにしてきます。

相手が、異性の話をしようものなら、嫉妬心の炎がメラメラと燃え始めもうこうなると会話になりません。

とにかく穏やかに付き合うしかないのです。

 

②「遊びの愛」

学生時代にはよくある恋愛パターンではないでしょうか。

恋愛自体を楽しむのです。恋人と居るときは、そのときを存分に楽しもうとします。ただこの恋愛の最大の欠点は、一人に決めずに、大勢の恋人を作ることもなんとも思わないところです。

 

③「愛他的な愛」

少し難しい言い方ですが、「遊びの愛」とは、全く正反対の恋愛の仕方です。

その人だけを愛し、その人のためならば、例え私が犠牲になっても・・・という覚悟もあるくらい、大きな犠牲を払っても良いタイプです。

見返りも求めず、ひたすら尽くすことで、喜びを感じるタイプです。

 

④「実利的な愛」

これは、恋愛と呼ばれるのかよくわからないのですが、「恋愛」という手段を使って、他の目的を達成させる恋愛です。

つまり結婚することによって、裕福な生活を求めたり、恋愛によって社会的な地位向上を目指したり。

お見合いも、これに当てはまるかもしれません。

 

⑤「美への愛」

一言で言えば、「容姿」を気にする恋愛です。こういう人は、一目ぼれしやすく、悪く言えば、人の中身よりも見た目を重視します。

逆によく言えば、ロマンチックな人なのかも知れません。

 

⑥「友愛的な愛」

長い時間をかけて、自然と育まれた恋愛をします。

仲間のような感じの恋愛なので、激しい嫉妬心や、感情は起こらずとても穏やか関係が続きます。

熱しにくく、冷めにくい恋愛といっても良いでしょう。

いかがですか?

ぐるっと周りを見渡せば、この6つのパターンのどこかに当てはまりませんか?

誰でも多かれ少なかれ、こうした恋愛癖を持っているものです。

お付き合いを考えているお相手がいるならば、早めに相手のタイプを見抜いておくのが賢明でですよ。

日本で初のオタク専門の結婚相談所 オタクに優しい【ミューコネクト】

自分は○○オタクなので結婚できない・・・

そう思っている人いませんか。

オタクといわれる人は、女性にも男性にもいることを忘れてはいませんか?オタク同士で付き合ってみたいという方は、是非このサイトに登録してみてはいかがでしょう。


【日本初】オタク専門結婚相談所

タイトルとURLをコピーしました