恋愛はハートカクテルなのです

恋愛物語

昔、昔、バブルのころにハートカクテルというテレビ番組がありました。

この番組は、JT(日本たばこ産業)が提供だったのですが、たばこ一本を吸い終わるまでの短いラブストーリをテレビで放送していました。

そのストーリーは、本当にぐっとくるようなラブストーリーが多く、このころの多くの若者には、わずか数分足らずのラブストーリーに大いに興奮したものでした。

今でも、このストーリーは、語り継がれていると思います。

是非、語り継ぎたいストーリーなのです。

そこで、ストーリーの内容を、ざっくりですが、ふたつほど紹介してみたいと思います。

本当は、わたせせいぞうさんの絵があると、ぐ~んとラブストーリーも盛り上がるのでしょうが、今回は、男女の恋愛ストーリーを自分自身に当てはめて、女性も男性も、読んでもらいたいと思います。

それは、ボクシングの試合当日のこと

昔、その男は、ある女を手に入れようとボクシングの試合を頑張った、そして今、別れたその女を再び手に入れようと、彼は無謀な試合を行っている。

その女には、マネージャーからもぜひ戻ってくれないかと、打診があった。今の彼を救えるのは、君しかいないと・・・

女は、言った。今は別の道を見つけました。

せめて試合だけでも見に来てくれないか。

 

予想通り試合は、一方的な展開。彼はサンドバック状態で、ついにはダウンを。

彼は、必死に彼女に戻ってきてほしいために、タオルは絶対に投げ込むなとセコンドに指示。

 

しかし何度もダウンを喫し、誰かが試合をストップせざるおえない状態。

そこへ1枚のスカーフが投げ込まれる。

そのスカーフは、以前若いころ、彼が彼女にプレゼントしたものだった。

一枚のスカーフが、男の第二の人生を救った。

 

私にはこの先、この女性が、一緒になったのか、それともはっきりと別れを告げるためのスカーフだったのかは、わかりません。

しかし、この物語の余韻を楽しむには、いいお酒が必要だと思いました。

 

ホームビデオが流れ始める・・・・

ビデオカメラに向かって子供が手をあげたり、笑ったり。

そこへ母親らしき女性の姿、ぎゅっと子供を抱きしめ、こけた時についたであろう砂を払ってあげる。

すると次の場面では、子供がな何かから逃げるように砂浜を走っていく、そのあとから父親が、追いかけていく。

その様子を、母親が、カメラで撮影し続けている。

子供と父親の凧揚げの様子もビデオカメラに収められている。

今度は、父親、母親が、カメラに写っている。怪獣の真似をしながら二人ともカメラに向かって近づいてくる。

撮影しているのは、当然子供である。

どこにでもいそうな、仲良しな家族の日常風景だ。

 

このビデオを見ていたのは・・・・

居間で、母親と息子がソファで寝ている。ビデオは、とっくに終わり、真っ白な画面が映し出されている。

そこには、父親の姿はない。

彼女は離婚したのだ。

 

こんなシュールな話を、素敵な音楽ととに見ることができるのが、ハートカクテルだったんです。

若くてまだ、純な気持ちを持った若者には、少し刺激もあったのだが、これから自分が体験するかもしれない、恋愛体験を重ね合わそうと、一生懸命でした。

いつかまた、年をとっても、こんな恋がしてみたい。

これから、もっと青春できるような思いをしたい。

そんな思いから、このブログを立ち上げました。

女性、男性、それぞれの恋愛模様を、きれいなものとして、書いていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました