男性は、以外と女性の言葉に傷つきやすい 



軽はずみで言った言葉が、相手を傷つけてしまう

これは、男性、女性関係なく、普通の生活でもたびたび起こります。

予想もしない重みで相手に受け取られ、相手を怒らせてしまったという経験は、誰にでもあるでしょう。

言葉を発するほうは、それほど気にせず、無神経に発するくせに、人の言葉を受け取るときは、なぜか神経を集中させてしまいます。

恋愛に関しては、ひとつの出会いから、恋愛に発展するまでに、いろいろと相手のことを考えては、ああでもない、こうでもないと分析して解釈していきます。

恋愛では、それがドキドキ感でありわくわく感であり、たのしい恋の駆け引きなのでしょうが、結局、自分の意図するところが伝わらずに、破局という結末を迎えることもあります。

男性は、もともとデリケート

男性はプライドも高くかつ甘えん坊です。女性に対して、「自分のわがままを受け止めてもらいたい」「いい気分にさせてもらいたい」と思っているのです。

そんな男性に対して、思わず、心をえぐるような一言を言うことも。それも「そんなつもりで言ったのではないのに・・・」という一言が、男性の心をえぐるのです。

そうやって、男女はすれ違いが起こってしまいます。

もし、あなたがそういう言葉を男性に投げかけたら、誤解されたり、喧嘩になったりします。とりあえず、そんな一言を言いたくなったら、ぐっとこらえてください。相手は子供っぽいのですから女性のあなたが大人っぽく振舞うしかありません。

あなたが一言、飲み込むだけで、無用のトラブルを避けることができます。あなたの頼みごとにも耳を傾けてくれるでしょう。

そのほうがずっと賢いと思いませんか?

どういった言葉が男性に心に突き刺さる?

ここに、男性に心をえぐるような女性からの言葉ベスト3を挙げてみたいと思います。

■第3位

「男のクセに」

彼が期待通りのことをしてくれなかったり、優柔不断だったり、終わったことをいつまでもイジイジ思い悩んでいたりすると、私たち女性は、つい、「それでも男なの!!」とか「「男なんだから、しっかりしなさい」といってしまいます。

励ましのつつもりで言っているときもあります。「ちゃんとやれば、できるのだから、自信を持って」という意味です。

ところが言われた男性のほうは、馬鹿にされたような気持ちになり、たちまち顔色が変わってしまいます。

結局、この一言が原因で、大喧嘩になってしまうこともあります。

■第2位

これは、言葉ではなく、彼があなたに、同意を求めてくるようなときに、アドバイスをすることです。このアドバイスをすることは、逆効果になります。

彼はあなたに、同意を求めています。彼はすごく不安なときに、「これで良いのかなぁ」「俺って才能ないのかもしれない」と弱気な発言があります。

そんなときは、「そんなことないよ」「あなたならできるよ」という言葉が必要なのです。

それが「嘘」であってもそういう言葉が必要なのです。

正直に「あなたのここが間違っているからだよ」とか「ちょっとおかしいと思うよ」とアドバイスをすると、落ち込んでいる彼は、さらに落ち込んでしまいます。

否定的な言葉を使わずに、肯定的に彼に優しく語り掛けてください。

■第1位

「仕事と私どっちが大事」

これ恋愛の定番文句ですね。男性は、仕事をするからには出世をしたいと思っています。

それは、あなた自身を幸せにしたいということなのです。あなたも彼が出生したほうがうれしいと思います。

彼は、そんな説明をするのが面倒なのと、仕事をしないと生きていけないとわかっているから、「どちらが大事なの」と聞かれればすごく困ります。

「彼が必死で、仕事をするのは、女性のため」なのです。でも中には、仕事に理由をつけて、彼女と会うことを避けている男性もいることは確かです。そんな気持ちの小さな男性もいます。

 

いろんな「悩み」「心配事」に相談に乗ってくれます。いますごく人気のサービスです。予約が取りづらくなっているようです。