今なぜ女性に資格を求められるのか



女子の就職戦線もきびしいのだ

男女平等といわれつつも、まだまだ女性の就職は厳しいようです。「景気の良かった頃なら募集をだしても、なかなか応募のなかった小さな会社でも、今では『女子募集』とあらば、何十人と人が応募してくれるほど、就職するのは狭き門となっています。特に人気のある職種や業種、会社では、そのことが顕著です。

そんな中で、女性の間で話題になるのが、「資格」です。少なからず、仕事を終えて、資格取得のための学校に通っている女性も多くいます。

なぜ、そんなに「資格」にこだわるのでしょうか?

今の業務から早く抜け出したい、今の職場をかわりたいなど、理由は様々でしょう。

中には再就職を目指す主婦やキャリアアップをはかる人、ひとつくらいは、履歴書に書けるものをといった女子大生などもいます。

なぜ、そんなに「資格」が人気を集めるのでしょうか。

もちろん様々な種類のものがあって、一概にどうとは言えません。でも、ある程度難関といわれる資格を持っていれば、いざというときに役に立ちます。

「資格」を持っている人ともっていない人では、「資格」を持っている人の方が採用される確率も高くなります。

資格は、少しでも自分の価値を上げ、客観的なアピールをするためには、不可欠なものです。

どうしても女性は事務職が中心になってしまう。

求人雑誌には、「幹部候補募集」と書いてあるものをよく見かけます。この幹部候補募集の職種は、おもに男性向きな職種に多いことに気が付きませんか?

どうしても女性は事務職や販売、営業アシスタントなど、男女雇用が平等のはずの世の中にもかかわらず、はっきりした差があります。

女性は縁の下の力持ち的な補助的な仕事か、あるいはスペシャリストとしての即戦力が求められています。

どうしても女性は結婚、出産で退職する確率が高く、入社してからの職業訓練に投資できないというのが、雇用側の言い訳なのです。

この厳しい現実の中でサバイバルしていくには、ただ毎日与えられた仕事をきちんとこなしていくだけでは、物足りません。

人とは違った、「何か」を考え身に着けておかなければなりません。

資格や技術は、そんな意味でも女性の就職・転職を有利にする武器なのです。

女性にとって恋愛もすごく大事なことですが、仕事で生き生きすることもその姿を見て、あなたのことを素敵な人だと思う男性が現れるかもしれません。

生き生き仕事をし、いい男をゲットするためにも、資格のひとつやふたつは持っていても損はないと思いますよ。

次回は、女性が生き生きと働くための資格、取りやすい資格をご紹介します。

資格を取って、魅力ある女性になりましょう。

 

■本日のおすすめ商品

税務知識や日商簿記3,2級など経理に役立つ100講座が学べる動画サイト

経理の仕事に役立つ教育講座を提供する動画サイト 「Accountant’s library(アカウンタンツライブラリー)」の募集プログラムです。

○月額980円(税込)で100以上の講座が受講できるプレミアムプラン アカウンタンツライブラリーでは、3つの販売形態でサービスを提供していますが、 なかでも主力商品は「プレミアムプラン」です。

プレミアムプランは、簿記で学んだ知識と税務実務のギャップを埋める講座を月額980円で、 期間中なら何度でも受講いただけるサービスです。

「プロ経理養成講座」を中心に、 日商簿記3,2級の対策講座で、経理実務で必須なExcelの基礎を学べる講座など100以上取り揃えております。

〇1日20分のすきま時間で「日商簿記レベルの会計知識と税務実務のギャップが埋まる 簿記の資格を取得し経理の実務経験は2~3年あるけれど、「所得税・消費税・法人税などの税法スキル」に 自信をもてない…といった方が少なくありません。

この講座では「日商簿記レベルの会計知識と税務実務の橋渡し」として、実務で必要な税務知識を 「1日20分のすきま時間で、よりわかりやすく、具体的に」で学び、いつの時代でも求められる 税務知識を身につけることができます。

○初月は無料でお試し視聴 月額980円(税込)で視聴可能なプレミアムプランは、登録初月に限り無料でお試しいただけます。