合コンなので、好意的で効果的な振舞いはどんな振舞い?

恋愛テクニック
GDJ / Pixabay

みなさん合コンに参加したことはありますか?

合コンに参加したことがない人でも、男女の飲み会に参加した人は、多いと思います。

合コンで、お気に入りの人、お目当ての人がいた時に、やっぱり好意をもってもらいたいと思うでしょう。合コンは、それが目的の一つでもあるのですから。

そんな時に有効なテクニックをご紹介しましょう。

合コンで、席を決めるときによくあるパターンとして、くじ引きがあります。

自分のお気入りの人がいたとして、できれば近くに座りたいと思うのは、だれしもそう思うでしょう。

しかし、万が一、遠くの席になってしまった時、どうします?

もうこれで縁がなかった・・・とあきらめるのか、ここからがチャンスと思うのか。

実は、これはチャンス到来なんです。

状況に応じて目線の量を変えていけばいいのです。

詳しく解説します。

コンパのような大人数の中、離れて座るということは、目線の量もおのずと変わってきます。

好意を持つ人が、遠くにいればいるほど、その人に対する目線の「量」は変わってきます。

大人数の中で、離れたところにいる人に好意を示すためには、視線は多めにするとよいでしょう。

コンパなどの会が、始まって終わるまでの間、少しずつ視線を増やしていくとあなたへの好意度は高まっていきます。逆に、最初に頑張りすぎて疲れてしまい、徐々に視線を減らしていくと、これは逆効果になってしまいます。注意してください。

意識して、徐々に視線の量をあげていくことが重要なポイントとなるのです。

ちなみに好きでもない相手が近くにいるときには、できるだけ視線を合わせることなく、時間の経過を待ちましょう(笑) これですこしは解消されます。

視線の量も、お気に入りの人に対して、しかも席が遠ければ遠いほど、後半に視線を集中させるようにしていきます。

アルコールも多少入り、その視線に相手も気が付くでしょう。いい感じになると思いますよ。

もう一つ、視線以外にも好意を持ってもらうために大事なことがあります。

コンパなどの集団の中で、自分の存在をアピールするためには、ある程度の発言も必要です。

最も発言する男性に対して、女の子は、「あの人がリーダーなんだ」と思ってしまう傾向があります。

しかし、ここで注目したいのが、最も好意的にみられるのは、発言量が2番目に多い人なのです。

これは女性にも言えることなのです。

意中の人がいるコンパでは、視線の量を徐々に増やしていき、かといって余り出過ぎずのナンバー2を心がけることで、あなたの恋も成就する可能性が高まるのです。

これも重要な恋愛テクニックの一つなのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました