妊活中の方に是非参考になればいいのですが、発酵イソフラボンのお話です

恋愛物語
RonBerg / Pixabay

最近話題の「発酵イソフラボン」と「麹多糖」のお話です。

大豆を麹菌で発酵させた、「麹菌発酵大豆」に妊活を手助けする機能があるって本当?

今日は妊娠について、少しまじめにお話してみたいと思います。

妊活といえば葉酸サプリでしょうが、多くの葉酸サプリには、ほとんど同じ量の葉酸が入っていることに気が付きました。

どれも葉酸は400μgなのです。

これには理由があって・・・

厚生労働省は、2000年より妊娠可能な年齢のすべての女性に葉酸を摂取するように呼びかけをおこなっています。
成人の男女は1日の必要摂取量をおよそ200μg、妊娠前の女性や妊婦は400μg、さらに授乳期の女性もμg280が必要とされています。

2002年からは、「母子手帳」にも葉酸の摂取の必要性が記載されるようになりました。

ショウガ葉酸葉酸は、妊活や妊娠中のみならず、授乳期にも欠かせない栄養素であり、積極的な摂取が推奨されています。

という理由で、妊娠中は、400μgの葉酸を摂取することになっているのです。

葉酸ばかりに注目が集まっていますが、実は、「麹菌発酵大豆」の発酵イソフラボンもすごく重要なんです。

妊活に役立つ発酵イソフラボンには、受精卵の着床をサポートし、ホルモンバランスを整え、抗酸化力のアップ、血流改善による冷え性の予防など、妊活に必要な健康機能が確認されています。

麹菌によって大豆が発酵することによって、大豆に含まれるイソフラボンが「高機能型・高吸収型」となり妊活力・健康力が大幅にパワーアップすることが、最近の研究によって明らかになってきました。

人工授精や体外受精といった生殖医療医学は、どんどん進歩していますが、「着床」を助ける技術は、まだまだ研究が進められていない分野です。

麹菌発酵イソフラボンは、子宝サプリの有力候補として、最近注目を集めています。

 

発酵大豆の新知見「麹多糖」のヒミツ

発酵大豆の新しい働きとして、もうひとつ話題になっているものがあります。

麹菌発酵させた大豆には「麹多糖」と呼ばれるものがあり、免疫バランスを整えることで妊娠しやすいからだづくりに貢献できることがわかってきています。

免疫バランスが崩れてしまうと、お母さんの免疫システムが、お父さんの遺伝子を持つ受精卵を異物とご認識してしまい、うまく妊娠を維持できないのではないか、と考えられているのです。

麹多糖は特にアレルギー体質の気になる方の免疫バランスをサポートすることが報告されています。妊娠しやすい体作りのためのキーワードとして、こうした麹菌発酵大豆の働きに期待が集まっています。

 

今、10組に1組は不妊症で悩んでいるといわれています。
体外受精や人口授精など医療の進歩は目覚しいですがそれでも妊娠率は3割程だそうです。

どんな治療をしていても最終的に赤ちゃんを宿すのは女性の子宮です。

着床に不可欠と言われる物質の分泌を促進し、妊娠しやすい子宮環境へと整えるお手伝いをするのがサプリメントの役割なのです。

芸能人も愛用!葉酸・ビタミン・ミネラル27種配合【美的ヌーボプレミアム】



バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました