友達の時と恋人になった時の相手との距離感の違い

恋愛物語
Pexels / Pixabay

友達の時は、良かったけど、彼の彼女になってちょっと変わったね

といわれることがあります。

今までは、仲良くグループで遊んでいたのですが、その中の二人がカップルになったばっかりに、そのグループはぎくしゃくしてきたそうです。

原因は、明らかなんです。

付き合った二人の彼女の方が、彼の事を独占したくてしょうがないのです。

今までは、グループ全員が仲が良かったのですが、彼が彼女と付き合うようになって、彼がほかの女性と楽しく話をしていると、なんだかやきもちというか、その女性に対して敵対心みたいなものを出してくるのです。

周りの友人たちも、その変な雰囲気を察して、そのグループは、今まで通りいい雰囲気で集まることができなくなったのです。

いくら彼と付き合っているからといっても、彼は彼女の所有物ではありません。

今までのスタンスで良かったのですが、どうしても付き合い始めると独占欲みたいなものが出てくるのですね。

周りのみんなは、二人が付き合い始めたことを秘密にしていても薄々感じてしまうものです。そんな時は、堂々と付き合っていることを言った方がすっきりしますし、周りのみんなも対応に困ることはありません。

これは付き合うときばかりではありません。

二人の関係が悪化し、別れた時も、ちゃんと恋人関係から友達関係に戻ったことを報告してくださいね。

別れたことを報告してあげないと、これもまたそのグループが変な雰囲気になってしまいます。

ひょっとして、次に付き合う相手が同じグループ内の異性・・・なんてことも良くある話です。

グループ内で異性の友達がいることは、すごくいい事ですね。

異性の友達を持つことで、異性の意見を聞けるという事があります。これは、かなり参考になる意見をたくさん聞くことができます。

男性と女性では、こんなににも価値観が違うんだなぁと思うこともしばしば。恋人でも言いにくいことを、異性の友達は、ズバズバと行ってくれたりします。そこには、なんの損得勘定もないので、恋の駆け引きも邪魔をしないので、ストレートな意見を聞き入れることができるのです。

たまにですが、女性らしく扱ってくれるので、うれしくなる時もあります。彼からはいつも女性としてではなく彼女として優しく接してくれているのですが、たまに「女性」として扱ってもらうと新鮮な気持ちになりませんか。

異性との友達関係は、常に不安定な状態になります。一歩間違えれば、すぐに恋愛感情へと傾いてしますからです。

そんな微妙なバランスがあるからこそ、言いたいことも言えるし、聞きたいことも聞けるんですけどね。

タイトルとURLをコピーしました