明日から一人暮らし・・引越し前日の過ごし方

女性の魅力

初めての引越しは、何から始めたら良いのかわかりません。

引っ越しする期日は決まっているというのに、気が焦るばかりです。

大好きな人や今までお世話になった人への挨拶もしなくてはなりません。

私の場合、引っ越しまでにすべての事は済ませてしまいました。

そして引っ越しの前日になり、片づけられた自分の部屋を見ると悲しくて悲しくて。

両親にも挨拶をして、いよいよ明日出発という瞬間の気持ちは、今でも忘れません。

引っ越しをするにあたって、昔のアルバムや卒業アルバムなども整理しました。

実家に置いていても良いのですが、私は持っていくことに。

段ボールに入らなくなったものや持っていけないものは、全て処分します。

近くのリサイクルセンターに持ち込んだり、買取業者に買い取ってもらえるものがあれば買い取ってもらいたいのですが、それほど価値のあるものも持っていないので、すべて処分しました。

ゴミを捨てる時に気が付いたのですが、「粗大ごみの日」は把握しておいた方がいいです。

粗大ごみまで日数がある時は、その間、家のどこかに置いておかなければなりません。

粗大ごみなので、量が多くて置き場所に困ってしまいます。

できれば2,3日後が「粗大ごみの日」「燃えないゴミ」「不燃物ゴミ」などの日に部屋の片づけを行うといいと思います。

私の場合、実家からの引っ越しだった為、最後の日は、家族でご飯を食べました。

今までとなんにも変わらない夕食の風景ですが、私の気持ちの中は、かなり揺れ動いていました。

明日からは、1人で生活をしていかなければならない上に、今日みたいに、話す相手のいない夕食の時間を過ごさなければなりません。

そんな余計なことを考えながら夕食を食べました。

寝る時もいつもはベッドに寝るのですが、引っ越しの準備のために、その日は、布団で寝ることになります。

もう、この家で過ごすことはないんだろうなと思いながら布団に入りました。

引越し前日の過ごし方は、今までの事を存分に思い出して涙してください。それが一人暮らしをする時の大きな力になります。

実家を離れる時は、やっぱりつらかったですね。

でも、1人暮らしを始めて1ヵ月もたてば、1人暮らしの生活に慣れてしまいます。

確かに、夜、1人になった時などは、ふと寂しくなる時もありますが、ゆっくりと自分の時間を過ごして、好きな時間に起きて、好きなものを食べて、自分の居場所を見つけると何とも居心地の良い場所になります。

これから、1人暮らしをしなければならない人も多いと思いますが、案外、1人暮らしは楽しいものです。

人生で一度は、やってみたいことのひとつに挙げても良いのではないでしょうか。

 

1人暮らしの引っ越しを格安にする方法。

これは引越し侍(hikkoshi zamurai)におまかせすればよいです。



 ⇒引越し侍の公式サイトはこちら

私が最初にこの引越し侍の事を知ったのは、FMラジオだったと思います。

1人暮らしなど考えてもいない頃(まだ学生の頃です))毎日聞いていたFMラジオで、嫌というほど、CMを聞いていたので、引越ししなければならないと決まった時に、すぐに見積もりをお願いしなければと思い、引越し侍にお願いしました。

見積もりは超簡単で、すぐに見積もりをいただき、自分の条件と合った業者で一番安いところにお願いすることにしました。

業者が決まった後は、全て業者任せです。一人ぐらいの引越しに関しては、それほど悩むことはありませんでした。

⇒引越し侍で見積もりしみる

困ったのは、自宅にWIFIを引くかどうかです。

そこで、最初はJCOMと契約したのですが・・・

今は、JCOM解約しました。というより必要がなくなったのです。

その理由は、1人暮らしでお金が必要だという事で、節約しなければならなかったので、au⇒楽天モバイルに替えたんです。

料金は1年間無料(1年間無料のキャンペーンは、終了しました)だし、ネットのギガも使い放題です。

これは楽天モバイルしかないでしょう。

パソコンを使う時は、スマホをルーター代わりにしてサクサク使っています。

ほとんど不便を感じたことがありません。

とりあえず1年間は無料なので、これは助かります。

もしスマホの会社を変更できるのであれば、楽天モバイルおすすめです。

でも最近、他の大手も安くなりましたからね~

とりあえず1年間は無料なのは、助かります。

こんな具合に、私の引越しは、終了いたしました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました