妊娠率は年齢とも相関 35歳をすぎたら相談を

恋愛物語

不妊は決して珍しいことではありません。

恋愛に熱中しすぎて、妊娠の事なんか考えたなかったという方もいるかもしれません。

気が付いたら妊娠してたという方もいると思います。

妊娠するパターンは、様々ですけど、妊娠を希望するならば、やっぱり早い方がいいようです。

しかし、妊娠したくても妊娠できないという方も多くいらっしゃいます。

これは、すごくデリケートな問題なので、できることなら、自分自身で解決したいというのが、本音ではないでしょうか。

不妊治療についても少し勉強をしてみました

不妊治療は、大きく一般不妊治療(タイミング方や人工授精、卵管鏡下卵管形成術など)と高度生殖医療(ART)に分けられます。

女性が35歳以上で、初めての赤ちゃんを望むならば、一般不妊治療は半年くらいにとどめ、可能であれば、より妊娠率の高い体外受精を検討されることをおすすめします。

まだまだ体外受精に抵抗感をお持ちの方も、いらっしゃると思いますが、日本では、赤ちゃんを望むカップルの5.5組に一組、およそ100万組以上のカップルが不妊で悩んでいるといわれています。

結婚年齢や平均初産年齢が上昇している現代においては、不妊は決して珍しいことではありません。

早めの判断が得策だといえます。

 

また40歳以上では、体外受精でも妊娠率は低下し、妊娠しても流産のリスクが高まります。

40歳を超えてからの不妊治療は、できることならはじめから体外受精を視野に入れておいたほうが良いと思います。

女性の身体に負担を考えると、体外受精は毎月行えるわけではありません。年に4~5回程度です。そのため、体外受精を行う周期以外は、一般不妊治療を行うなど、両面からの治療で少しでも妊娠のチャンスを広げると良いでしょう。

 

男性側の場合、医療行為だけでなく、普段の生活でも気をつけてほしいことがあります。

男性不妊には、運動療法が効果的という臨床結果が出ています。激しすぎる運動は生殖能力を下げることがわかっており、少し汗ばむ程度の運動がベストです。

また男女ともにいえるのは、ストレスケアです。

このストレスケアに対する意識は年々高まってきています。

一人で又はカップルだけで悩まず早めにクリニックや専門機関に相談してくださいね。

妊娠するための妊活時に必要な栄養素が、葉酸だといわれています。

葉酸サプリは、いろいろとありますが、葉酸サプリの火付け役となったのが、「ベルタ葉酸サプリ」ではないでしょうか。

今このベルタ葉酸サプリに、美肌効果のある「マカ」をプラスした「ベルタ葉酸マカプラス」が人気のようです。

気になったら、公式ページをご覧ください。



バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました