男性を魅了するには「萌え」と「隙」が必要

女性らしさ
jsks / Pixabay

男性には、少なからずとも「萌え」が好きです。

「ご主人様おかえりなさいませ」でお迎えされるような喫茶店にも「萌え」を求めて出かけていきます。

この「萌え」を知ることで、男性を魅了することはできないでしょうか。

「萌え」と一言に行っても、いろんな「萌え」があります。

年下の女子に「萌え」を感じる男性もいれば、熟女に「萌え」を感じる人もいます。

女性も同様に、ぽっちゃりとした男性に「萌え」を感じる人も言えれば、マッチョな男性に「萌え」感じる人もいます。

これは、男性、女性に関係なく、場所やシチュエーションに「萌え」を感じる人もいますね。

例えば、竹林の中や夜の墓場、夜の工場、など。シチュエーションでいえば、最も代表的なシチュエーションは不倫ですね。

このように、相手を魅了するものは、たくさんあります。

相手が、どの「萌え」が好きなのかをいち早くつかみ取ることが、相手の心の中へ入り込むための近道だと思います。そして相手があなとのどの部分に「萌え」を感じるのかを知ることです。

 

もうひとつ相手を魅了するには、「隙」が必要です。

「隙」が全く無い女性なんて、魅力がないとは思いませんか。

「隙」があるからこそ、男性が付け入るスキが出てくるのです。

「隙」というくらいですから、あまり大きな「隙」ではだめなのです。

あくまでも「隙間」でなくては、いけません。

この「隙」のとらえ方ですが、あなた自身を小出しにしていけばいいのです。初めから「私のすべてを理解して」といわんばかりに、すべてをさらけ出すのではなく、ひとつひとつ引き出しを開けるように、あなた自身を小出しにしていけば、それは十分な「隙」になるのです。

その「隙」があなたの弱い部分だった時に、男性は、助けてあげようと気持ちにもあるし、逆にその隙があなたの得意な部分であれば、男性はその「隙」に魅力を感じるでしょう。

是非、あなたの「萌え」と「隙」について考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました