SNSにはまって、たぶん「自分の事」が嫌いな女性の話

独身女性
darksouls1 / Pixabay

その女性は、いつもインスタやフェイスブックなどのSNSを気にしていました。

どこにいる時でも、誰といる時でも、目の前の人のこととは、全く別世界の人たちのことを気にしていました。

その別世界の中には、一度も出会ったことのない人や、お話を一度も話をしたことのない人もたくさんいます。

でもその人たちの行動が気になってしょうがありません。

 

SNSを始めたころは、彼女に「力」を与えてくれていたSNSも、いまだは、彼女から力を奪ってしまう「SNS]になっています。

他人のアップした画像を見ては、「こんな生活してみたいなぁ」「ここに行きたいなぁ」「これ食べたい」と思います。

そういう彼女も負けてはいません。

いわゆるインスタ映えする場所を日々見つけては、いろんな場所へと出かけ、美味しいものを食べ、逐一、画像をアップしています。

そんな彼女は、自分のことが好きではありませんでした。(と私は感じています)いつも他人に負けているよな感じがして、SNSを見る目的も、徐々に、自分より「負けている」人を探すようになってきたのです。

「他人の不幸を喜ぶ」

この人は、今でも、その生活をしています。

今後どのようになっていくのか私には、わかりません。

ただ、言えることは、本人は、自分を高めようと、いろんな場所へ行き、美味しいものを食べているようですが、第三者である私から見ると、なんだか自分で自分を生きていくには難しい世界へと導いているような感じがするのです。

何より、自分の基準というものが全くなく、常に、他人と比べていないと、自分の「位置」がわからなくなっているような感じがします。

そういう自分が嫌いになっているのも、自分ではわかっているようでした。でも、なかなかその嫌いな自分から抜け出すことができないのです。

もし、今の自分がSNSをやめたら、自分の「居場所が」分からなくなるからです。

多くの人と比較することにより、自分の居場所を確保しているので、比べるものがなくなるとどうしてよいのかわからなくなるのです。

それは、自分自身の価値というか基準がないからそうなるのです。

もっと自分の中に、価値や誇りを育ててあげないと大変なことになりそうです。

インスタのフォロアー数もかなりいるようです。

今後、彼女が、どうなるのかは、わかりませんが、彼女にとってプラスになる男性が現れるといいですね。

その彼も、彼女の餌食にならないようにしなくてはなりませんが・・・・

最近私の周りにいた女性の話でした。

タイトルとURLをコピーしました