幼馴染と再会してその後の展開は?

出会い
adamkontor / Pixabay

前回のお話の続きになります

その後、初めてのデートとなり、お互い、告白することもなく、2,3回デートを重ねたと思います。

私も、そろそろ結婚を考えてもいい年だったので、このままずるずると今の関係を続けていくわけにもいきません。

そこで、何度目かのデートの時に、「私は、このままずるずるとあなたとお付き合いはできません」とはっきりと言いました。

目標、目的をしっかりと持ったお付き合いがしたいと、宣言してしまったのです。

相手もきっと驚いたと思いますが、私には、もうそんな時間の余裕はありませんでした。

でも、これがかえって良かったみたいで、彼も、私とのことを前向きに考えてくれると約束してくれました。

2人の意識の確認は、本当に必要だなとこの時つくづく思ったのでした。

今までの恋愛を振り返ると、付き合っているとそのうち結婚するんじゃないかとなんとなくそう思っていました。時期が来れば彼の方からプロポーズをしてくれるのではないかとも思っていました。

のんびりとしていました。周りのみんなもまだ結婚なんて・・・という女性ばかりだったので。

しかし現実は、そうではありません。だらだらと付き合う年数だけを重ね、マンネリ化していただけなのです。

つい先日、別れた彼ともそれが原因といえばそうなのかもしれません。

しかし、今回の恋愛に関しては、なぜかそんな余裕がなかったんですね。

余裕がなかったのも事実ですが、幼馴染だったので、長い期間かけて分かり合える時間がかなり短縮されたのも事実です。何回か会ううちに、なんとなく相手のこともわかってきます。

お互いの実家や両親のこともなんとなく昔から知っています。

この「時間短縮」があったからこそ、「時短作戦」が成功したのでしょう。

お互いに意思を確認した後は、あとは、もうトントン拍子に話は進んでいきます。デートを重ねるたびに、ゴールへと一歩一歩近づいていく感じです。

恋愛をしていて、これほど充実した日々はなかったような気がします。

そして私たちは、結婚することになり、今では二人の子供にも恵まれています。

本当にあのお店で出会ったことで、私たちの運命は決まってしましました。

出会いって本当に大切ですね。



タイトルとURLをコピーしました