香水を付けない女性に未来はない

女性らしさ

若い人たちから高齢のマダムまで、お気に入りの香水を持っています。

というのは、フランスの女性の話です。

「香水をつけない女性に未来はない」

この言葉は、「ココシャネル」の名言です。フランスでは、香水は、なくてはならない身だしなみのひとつなのです。

男性も女性の香水の香りにふわふわと誘われることもありますが、あまり匂いが強烈だと、逆に不快感を与えることもあるのでご注意を。

香水をつける場所は、どこといって決まってはいませんが、体温が高くて、体のやや下の位置が良いとされています。理由は、体温によって温められた香水のアルコールが、下から上へと上がっていく性質を持っているからです。

それともうひとつ、男性からキスされたい場所にごく少量の香水を分散させてつけるのがいいようです。

ココシャネルもこのように言っています。
「香水は、男性にキスされたいと思うあらゆるところにつけなさい」と。

香水をつけるタイミングは、2通り考えられます。

ひとつは、シャワーを浴びて、清潔で乾いた肌の状態の時。より新鮮でピュアな香りが楽しめます。

そしてもうひとつは、香水のピークを計算してつけておくという事。香水の香りは、少しずつですが変化してきます。
全体のバランスがちょうどよくなるのが、肌に香水をつけて30分~2時間後くらいなのです。
この時に香りのピークがやってきますので、それに合わせてつけるといいと思います。

香水はたくさんの種類があります。

どうやって選べばいいんでしょう。

いろんな香りを試してみたいという方には、是非、こちらのサイトへお越しください。

こちらのサイトでは、初めての方用に、トライアルセットを、購入しやすい価格で販売しています。

【調香師が選ぶ精油・アロマPerfumerhouse】


その他にも、数えきれないくらいの香水を用意しています。

全て、欲しい分量でお分けしていただけるので、たくさん欲しい方は、たっぷりと、少しで言い方は、ちょっぴりと購入すればいいようです。

ブレンドされた香水もあります。

例えば、リラックスブレンドやリフレッシュブレンド、集中したいときにコンセントレートブレンド、気分を盛り上げたいときにはロマンティックブレンドなど、その時々で使える香水もあります。

【調香師が厳選した精油をフランスから直輸入 精油・アロマPerfumerhouse】

■補足説明

パリジェンヌは、昼と夜とで香水を変えて、男性をごキットさせることもあるそうです

タイトルとURLをコピーしました