「私たちうまくいくのかしら・・・」という一言の重み  

恋愛物語
ElinaElena / Pixabay

女性は、「恋に恋をする」

女性は、小さい頃からシンデレラのような恋愛を夢見ています。いつかどこかで王子様が白馬に乗ってやってきて、素敵な恋に落ちるのです。

思春期を過ぎ、好きな人に出会って恋に落ちるのは、「夢が叶った最高の瞬間」といえるでしょう。

その後二人で、幸せな恋愛を・・・・それ以上の幸福はないのですが、ここに男性と女性の「恋の温度差」があるのです。

男性も好きな女性と一緒にずっと過ごしたいし、生活もしたい。これは女性と変わりません。

男性は、どんどんとその先を行くのですが、女性は、今、現状に踏みとどまろうとします。

確かに念願かなって、「今、夢が叶った最高の瞬間」なのですから、そこに踏みとどまろうとする気持ちもわかります。

男女の恋の温度差

女性は、子供の頃から夢みている「恋」とは、好きな人と手をつないだり、腕を組んだりして街を歩くイメージなんです。

一方男性は、「恋」とは好きな女性とセックスしているイメージなんです。

ここに決定的な違いがあります。男性は、恋はするけれど、恋についてはあまり深く考えないのです。なぜなら理想の人との過ごし方は、もう決まっているからです。

女性は、恋愛してからも本当にこの人でいいのかなぁなどとあれこれ考えてしまいます。さらにそういうことを男性にも考えてほしいと思っています。

そこにきて「私たち、上手くいくのかしら」発言です。

彼を強引にその話題へと持ち込もうとするのです。

つまり、女性がこういう発言をする時は、たいてい欲求不満のときです。但し男性の欲求不満とはその内容が全然違います。

女性の欲求不満は、彼の視線と注意が自分に向いていないと感じるときにもっとも強く生まれます。

「彼は私だけを見ている」と確信できるとき、女性は最高に幸福なのです。つまり女性は愛しているという言葉をしつこいくらいに聞きたいのです。

しかし男の人には、その気持ちは伝わりません。

「上手くいっている」と思っている男性に向かって急に「私たち、うまくいっているかしら」などとマイナス発言をしても男性には、あなたが拗ねているように聞こえるだけです。また始まった・・・とうんざりされます。

恋に恋して完璧な恋を求め続けると、いつまでも彼に満足できません。そうしているうちに大切な恋人を逃がしてしまいます。

不満があるなら遠まわしではなく、しかも賢い言い方で伝えることを覚えましょう。

 

恋する準備はできていますか?

使えば使うほど内側から唇を整える スペシャルリップ

いつもより魅せたいあなたに。
たっぷりのうるおいで包みこむクリアカラーが濡れ&ツヤの質感でダイヤモンドのようにキラキラと輝くリップをメイク!

贅沢に配合されたたっぷりの美容成分で、使えば使うほど唇を内側から健やかにする魔法のリップ。

唇の土台をケアすることで、リップカラーのノリを良くし、唇そのもののバリア機能を助ける効果も期待できます!

紫外線ダメージによる乾燥などのコンディション低下を防ぐ効果にも優れているので、塗るだけで簡単ケアが実現。

「体に優しいもので毎日使うものだからいい物を使いたい。」 そんな多くの女性を応援したい気持ちから出来たコスメブランド。

効能、発色全てにこだわった物だからこそ安心して毎日お使いできます。

幅広い女性に使ってもらえるよう添加物フリーにこだわり、 中身だけでなく「可愛いいから使いたい」そんな気持ちにさせてくれるコスメを揃えております。

 

 

恋愛中の相手以外の人に恋愛感情を持つことあります?

『今付き合っている人はいるけれど、私を全て満足させてくれるわけではないので、その足りない分を他の人で補っているの・・・』という女性がいました。

浮気を正当化しているようにも思えてしまいます。これは、社会的にはダメでしょうが、人間的、生物的には正しいのかもしれません。

さらに、恋に対して盲目的な愛の幻想に浸りきっているとき以外は、常に浮気心が生まれる可能性があるというのです。

そういう女性を束縛しようと思えば思うほど、彼女は浮気をします。

その女性には付き合っている男性がいるのですが、いつも他の男性とお食事会に出かけたり、楽しい集まりには、出かけて行きます。

以前は、彼の言うことを聞く女性だったのですが、恋人が「狂気的なタイプ」で彼女にすごく嫉妬心を燃やすタイプで、彼の独占欲のせいで、彼女の自由がきかなくなり、本来彼女の持っている自由を取り戻すべく、気持ちが高まってきたのです。

相手に縛られると、かえって浮気に向かってしまうわけですね。

結婚後の浮気について考えてみたいと思います。

いくら恋愛結婚をしていても、恋愛とセックスは次第に分離してきます。

以前は、男性だけが、いろんな女性と関係を持ちながらも妻との関係も続けていると考えられていました。

しかし、投稿雑誌「わいふ」の調査では、浮気をした妻の8割までもが、同時に夫との性関係を支障なく続けていたという結果が出ました。

この結果から言えることは、恋愛感情が夫以外に向くことも、恋愛とセックスが分離することに関しては、男女に違いはないということです。

結婚は、人間の恋愛感情を社会制度上都合がいいように、「正しい恋愛」と「不正な恋愛」に分けただけですから、結婚以外の恋愛の仕方を「道に外れている」と悪者扱いする方が、社会的にはともかく、生物的には無理があるような気がします。

とりあえず、束縛しすぎることは、相手の浮気を促進することになるということですね。

 

 

 

 

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました