副業もいいけれど、通信教育で頑張るのもいい

恋愛物語

今や副業ブームと言われています。

副業ブームに乗っかって、自分に何の力が無いにもかかわらず、副業をやってもなかなか稼げる案件はありません。

それよりも半年~1年間じっくりと自分の力を付けるために勉強の時間に費やし見るのも長い目で見れば正解かもしれません。

でも、「半年~1年かけて何を勉強すればいいの」「いまさら学校には通えない」「まとまった時間が取れない」という方も多いと思います。

そんな人には、通信教育という方法が残っています。

こういう私も、通信教育で成功したもの失敗したものがたくさんあります。

成功したものに、証券外務員、販売士、調理師などがあります。失敗したものに社会保険労務士があります。

いろんな通信教育を経験したからこそ言えることを、通信教育のいいところ悪いところをお話します。

■通信教育のいいところ
・時間を気にせず好きな時に勉強ができる
・仕事中でも外回りなどでこっそりできる
・子育て中でも勉強ができる
・通学に比べてはるかに費用が安い
・料金先払いなので、いつでも諦めることができる
■通信教育の悪いところ
・詳しい情報は、自分から取りに行かないといけない
・いつでもやめることができるのでしっかりとした決意が必要
・通信教育を始める時期がわからない、(いつでも始めることはできるが試験日から逆算してスタートしなければならないので注意)
・通信教育の業者がたくさんあるのでどこを選んでいいのかわからない
ハッキリ言いますけど、自分自身で勉強を続けるだけの固い意志があれば、低コストで試験に合格できます。

通信教育のメリット、デメリットの他に注意する点をいくつかお話します。

■通信教育で注意する点

・いきなりハードルの高い資格から始めない
合格率が数パーセントしかないような資格試験に最初から挑むのは、無謀だと思います。
通信教育を一度も経験したこともないのに、いきなり難関資格に挑むのは、長続きしません。まずは、簡単な資格試験に取り組み、「通信教育」という仕組みと「合格する喜び」を味わうことをおすすめします。

・資格試験が年に1回しかないものは、挑戦しない
資格試験が1年に1回しかないものは、とても難しい資格試験が多い事と、半年~1年くらい前から資格試験のための勉強を始めなければなりません。それだけ長く勉強をしなくてはならないので、途中で挫折する確率もグンと上がります。

・比較的簡単な資格試験に合格することで自分の名刺の裏などに「資格」を堂々と書くことができます。そこからまた新たな仕事がもらえたり、普段は出会わない人と出会えることがあります。

まずは、その資格で食べていくことを考えずに、資格取得しやすい資格をいくつか獲得してから、資格で食べていける資格を取ることをおすすめします。

どんな資格を選べばいいのでしょうか

人気の通信教育の上位は、やっぱり英会話関係が多いですね。次にエクセルやワード系、さらに簿記などです。

簿記の3級ならば比較的取得しやすいですね。販売士3級も取りやすいです。

もしショップの店員などをやっているのであれば販売士の資格は大いに役立ちます。

自分の名札に「販売士」と堂々と描くことができます。

野菜のソムリエも、取得に少し料金はかかりますが、取りやすい資格ですし有名芸能人も持っていることでカッコイイです。

ネイルやセラピストなどの美容系もおすすめです。

何の資格をすればいいのか迷っている方は、自分の好きなことに関する資格を選ぶと、長続きしますし、途中で挫折しにくいです。

仕事に関係してる資格を取得するのもいいです。

私がおすすめする通信教育は「ユーキャン」です。

ユーキャンは、講座の種類が多いので、あなたの希望に合う通信教育が見つかるはずです。

どんな資格試験、通信教育があるか知らない方は、どんな講座があるのかを知るために、ユーキャンのホームページを見てみるといいと思います。

「へえ~こんな講座や資格があるんだ」と思うと思いますよ。

>>ユーキャンのホームページはこちら

 

 

 

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました