遠距離恋愛は、お金がかります。

恋愛物語

遠距離恋愛は、交通費、宿泊費など費用がかかります。

遠距離恋愛の距離にもよりますが、相手が遠くにいればいるほど、会いに行くには、費用がかかります。

こちらがあまり都会住んでいなくて、彼もちょっと田舎へ転勤などでいった場合、彼に会いに行くだけでも、時間も費用もかかります。

私も以前、遠距離恋愛をしていた時に、彼に会いに行ったのです。

ところが、行くまでが、大変なんです。

まずは、地元の空港から、羽田へ、それから飛行機を乗り換えて彼の待つ目的地の空港へと行かなければなりません。直行便がないんですよね。

「ここは海外か?」と思ったくらい不便です。

国内で、飛行機を乗り換えていかなくてはならないのですよ。

相手が、一人暮らしならまだいいのですが、会社の寮だったりすると、一緒にお泊りすることができなので、どうしてもホテルなどに宿泊をします。

ここでも費用が発生します。

最初のころは、月に1回は行くね・・・などと言っていましたが、とてもそんなことはできません。

そのうちどんどん疎遠になり、結局別れてしまうんです。

遠距離恋愛で疎遠にならないためには、どうすればよかったのか

それには、やっぱりコミュニケーションと同じ目標を持つということでしょうね。

コミュニケーションを大切にとよく言われますが、ラインをしたけど既読にならないことや、例え既読になったとしても、返事がないなど、いちいち気にしていたら、イライラして、それだけで疲れてしまいます。

ラインでは、話にならないからといって、電話をすれば、一方的に、自分のことばかり話をされるしで、一言にコミュニケーションといってもなかなかうまくいきません。

こんな時は、おおらかな気持ちで、すべてを受けとめる位の余裕がないと、遠距離恋愛は、うまくいきません。

あせってもしょうがないのです。それよりも、相手の話をしっかりと「聞いてあげる」くらいの心の余裕が必要です。

さらに大事なのは、同じ目標を持つということです。おそらく最終目標は「結婚」だと思います。

その結婚のためにも、お金を節約しなくては、なりません。

結婚に向かって、二人でコツコツとお金を貯金することもいいと思いますよ。

でもこの場合、黙って男がギャンブルなどで、使い込む事例が頻発してますので、男性から「入金」はできても「出金」はできないようにしておくのが良いと思います。二人の通帳に振り込ませてください。

同じ目標に向かって進んでいるときは、会話も弾みます。

また、別にしょっちゅう合わなくとも、お互いの心が通い合っているので、それほど距離感を感じることもありません。

それよりも、お互いの生活をそれぞれエンジョイしながら、二人の愛を温め合う方が充実した生活を送れます。

タイトルとURLをコピーしました