そんな暇があったら自分磨きを・・という話

恋愛物語
pixel2013 / Pixabay

あこがれる女性になりたい!!

40代にもなっていまだ、いろんな恋愛話に耳を傾けています。

そんな恋愛話の中でもたまには、恋愛話とはちょっと違う友達の話になったりすることがあります。

その友達の話というのがこれ。

20代、30代、40代で友達作りをするときに感じてしまう違和感についてです。

学生時代に中の良かった友人に、20年ぶりに合うと、学生の頃は、ただ一緒にいるだけで楽しかったのに、今、会うとそうでもないんですよね。

会わなかった20年の間に、お互い、いろんなことがありすぎて、趣味も環境も変わってしまったので、それはしょうがないことです。

そして、私も含めて、同年代の友人たちは、みんなどこかで嫉妬という気持ちを持っているということです。

自分は、中年なりの太り方をしているにもかかわらず、同級生が、とってもスリムになって登場したら、その人に向かって一言「痩せすぎじゃない」といったりします。

心の中では、「キレイになったじゃん」と思っているにも関わらず、嫉妬心丸出しで恐ろしいですね。

40代になっての友達は、常に、自分と比べてしますのです。

まだ20代のころは、付き合っている彼氏がどうのこうのというくらいで、すべては自分中心で、他人と比べる暇もなかったのです。

それが30代になると、結婚だの妊娠だの子育てだの、何かといい訳ができる年代です。

友人とも、そういった共通点も増えるので、つかず離れずの距離感で付き合うことができます。

しかし、今40代になって、友人にあうと、直接には聞かないにしろ、「今、あなたどんな生活をしているの?」ということを、何気に聞いてきます。

聞いてどうするのかというと、自分の生活と比べてみるのです。

そして、自分の生活の方が裕福で、幸せであればそれで良し。

逆に、旦那と別れた自分よりも相手の方が、家族団らんで幸せそうな家族ならば、「あなたも早く旦那と別れた方がいいわよ」という全く根拠のないアドバイスをしてきたりします。

こんなねじ曲がったアドバイスをしてくるのも40代以上になってからなのです。

こういった裏表のある40代の友情は、本当に成り立ちにくいと思います。

「どっちが若く見えるだろう」「どっちが幸せだろう」「どっちがお金をたくさん持っているだろう」「なんで私だが」そんなことばかり考えるようになります。

40代は、相手の足を引っ張る年代ですね。

そういった嫉妬をしないように心がけるためには、自分自身が若い人から慕われて、あこがれの存在になるように努力することです。

小さな嫉妬をするよりも、目標を大きく持って、あこがれる存在を目指してみてはどうですか。

他人の小さな嫉妬は、自分自身の生活を悪くするばかりで、少しもよくしてくれません。

ハッキリ言って嫉妬は「邪魔」です。

主婦が集まって、家庭や旦那の悪口を言う暇があったら、自分自身の価値を上げるためにも、習い事にでも通った方が、よっぽど自分のためになりますよ。

結果、素晴らしい女性へと近づくことができます。

タイトルとURLをコピーしました