恋愛でイライラした時は、お風呂でゆっくりリラックス

恋愛物語

お湯につかると心も体もじんわりくつろぎます。

体が温まるだけでなく、心の疲れから来る冷えにも効果的です。

プライベートでも仕事でもイライラすることは、たくさんあります。

でも唯一ほっとできるのが湯舟に浸かってゆっくりとリラックスできる時間ではないでしょうか

1日頑張った身体を温かい湯船の中でねぎらうバスタイムは、とっても大事な時間なのです。

ぽかぽかの湯の中で一人っきりになれる心地よいひと時は、今日1日のことを振り返ったり、反省したり、明日への活力へとつながる大事なプライベートタイムです。今日1日をリセットしましょう。

温かい湯気に包まれて、過ごすうちに身体だけでなく心もほどけていきます。

なぜ、お風呂に入るとリラックスできるのでしょう

お風呂に入るとリラックスできます。それは体の芯まで温まることで、緊張していた筋肉がほぐれ、それに伴って心の緊張もほぐれるためです。

また、血行が良くなることで、新陳代謝も高まります。お湯の浮力のおかげで、筋肉を重量から解放させることもできます。これもリラックスできる理由のひとつです。

さらに、洋服や下着など身をまとっているものを脱ぐことにより、得られる解放感もお風呂ならではと思います。

お風呂につかってゆっくりするには、少しぬるめのお湯で、体温より少し高めの温度が体への負担も少なく脈拍や血圧を安定させることができます。

特にイライラや緊張感が解けないときは、ぬるめのお湯に20分ほど浸かり、心身に興奮状態をもたらす交感神経に対して鎮静状態をもたらす副交感神経の方が優位になり、リラックス気分をもたらすことができそうです。

より効果的なバスタイムを楽しむために

入浴前に水をコップ1杯飲んでおくことです。お風呂の前の水分補給は、緩やかな発汗を促し、身体への負担を軽減してくれます。

また浴槽につかる前に、お湯の温度に身体を慣らしておくこともポイントです。

手先や足先など体の末端から順にかけ湯をして入浴のコンディションを整えましょう。

お風呂に入れない時は、部分欲をおすすめします。

湯舟に浸かる時間がないときは、手軽な部分欲で、リラックスするのもいいです。パーツを温めて全身ぽかぽか。短時間だけの部分欲もおすすめします。

足がだるい時、むくんでいいるときは、フットバスがおすすめ。バケツなどの容器にひざ下まで使ってもいいし、洗面器など浅めの、器に湯を貼り、くるぶしまで浸かるのもいい。40度くらいのお湯に20分以上を目安に入りましょう。

足先に滞った血液が全身にめぐるようになり、身体全体が温まります。むくみや冷え性改善にも効果的です。

部分欲では、生姜を入れればさらに効果アップです。

お風呂の前に緑茶を飲むときれいになれる?

緑茶はカロリーゼロで、健康や美容に効果のあるカテキンを多く含んでいます。

特に茶カテキンは、ポリフェノールの一種で、脂肪消費作用やアンチエイジング作用など美容が気になる人にとってはうれしい作用があります。

茶カテキンは、体に吸収されにくいという特性があります。

しかし、お風呂に入る前にお茶を飲むことで、体が温まり血流が良くなることで、血液中のカテキンの濃度が高くなるのです。

お風呂に入る前の1杯のお茶は、通常に飲むお茶よりも効果があります。

お風呂から上がっても、もう1杯お茶を飲むといいと思います。

お風呂に入る前と上がった後のお茶の量を合わせて、500mlのペットボトルを1本分飲むくらいでちょうど良いと思います。

脱水予防に加えて美容の効果も狙えます。

タイトルとURLをコピーしました