年下の男性と年上女性上司が上手に付き合う方法

恋愛物語

女性の社会進出が目覚ましくなると女性の上司も増えてきます。

女性の上司と仕事ができる男性部下は、女性の上司をどのように見ているのでしょうか。

女性の上司を女性として見てくれているのでしょうか。それとも単なる上司として、見ているのでしょうか。

女性で、部下を持てることは、仕事ができる女性であることは、間違いないと思います。

その上司も、若いころは、恋に仕事に凄く充実した毎日だったと思います。

ふと気が付けば、年齢も30代半ばとなり、部下を持つようになっていたというところが、正直な感想ではないでしょうか。

そんな年上女性は、部下からみてもすごく魅力的な女性なのです。

でも、これだけは最低やっていないと、女性として意識されませんよ。

年上彼女は、ここに注意!

あまり知り合う前から、年下男の世話をしてあげては、ダメです。

例えば、これが上司部下の関係で、部下の男性のことが好きになり、いろいろと世話を焼いてあげていると、仕事上で足をすくわれることがあります。

自分でも良くないとわかっていても、ついつい、理性が感情にまけて、部下の男性のために、こっそりとやってはいけないことをやって、「フォローをしてあげよう」なんていう感情が出てきてしまうのです。

そんなことを、他人に指摘されたら、あなたの今まで積み上げてきたキャリアが一瞬にしてパーになってしまいます。

上司として、言ってはいけない言葉もある。

「どうせわからないだろうけど・・」と言ってしまうのは若い男性には、かなりきつい言葉です。

私は、あなたより物事を良く知っていますよという事を暗にアピールしているだけのことです。このような女性には、男性は、少しも女性らしさを感じることはないのではないのでしょか。

まだ年上の男性に言われるのであれば、同じ男性として、歳の差があるので、ある程度は、納得できるのですが、なぜか、この言葉を女性に言われると、男性としてのプライドが傷つけられた感じがしてしまうそうです。

最後に注意するところは、やっぱり「女を捨てるな」という事です。

30代半ばを過ぎてくると、知らず知らずに「おっさん化」してくる女性がいます。

女性らしくないしぐさを注意しても、どうせ私はおばさんだからなどと言って、聞く耳を持たないし、体臭や化粧品の臭いまでおばさんっぽくなってくるものです。
常に女性力を磨くことで、年下の男性からは、魅力的な年上の女性として見られます。

年上の男性にとって、年上の女性は、お母さんのように見えてしまうこともあります。

あまりに年上であることをアピールしすぎると、男性にとってのお母さんになりかねません。

たまには甘えたり、失敗したり、かわいらしいところを見せることも大切です。

男性も本能的に弱いものを守ってあげなければという生き物です。その本能を少し上手に利用することも大切なのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました