いつでも妊娠できる症候群

恋愛物語

芸能人の高齢出産が、高齢出産に拍車をかけている

最近の芸能人は、普通に40代で出産をしますね。

それが普通に妊娠をして、普通に出産するから、世間の女性たちも、ちょっと勘違いしてしまうんではないでしょうか。

「30代後半になっても、まだ妊娠しなくても大丈夫。だって芸能人の〇〇さんも40歳過ぎて妊娠したんだよ」

どこからともなく、そんな声が聞こえてきそうです。

少しは危機感を感じてほしいものです。

すでに何度か出産を経験したことのある元気な女性であれば、40歳を過ぎての出産もそれほどリスクではないかもしれませんが、40歳になって初めての出産では、高齢出産のリスクを負ってしまいます。

例え妊娠したとしても、吸引分娩や帝王切開などの医療が関係する出産となるリスクも増えてきます。

高年齢化するとともに、子宮外妊娠や流産をする確率も上がってくるというデータもあります。

確かにデータであって、まさか自分にはそんなことはないだろうと思っている方もいらっしゃると思いますが、その考えはちょっと危険ですよ。

誰しもそう思って妊娠、出産を試みるのですが、誰かが流産しているのも現実です。

生理があるから妊娠ができると、一般的には思いがちですが、そこには、大きな落とし穴があります。

人間も歳をとるのと同様に、卵子も年齢をとるそうです。

卵子を若返らせる技術も残念ながらまだないそうです。これは人間が歳をとっていくのと全く同じ過程ですね。

人を若返らせることができないように、卵子も若返らせるようなことはできません。

歳をとってくると、卵子も着床ができなったり、きちんと細胞分裂せず成長が止まったり、流産する可能性も高くなるそうです。

女性が最も卵子を持っている時期は?

女性が一番たくさんの卵子を持っている時期は、「胎生20週(妊娠22週)のころ」だそうです。
なんとこの時点で、卵子の数は700万個にもなるそうです。ここからどんどん減っていきます。生まれるときには200万個に、思春期の頃には30万個になります。

そこから月に1個のペースで排卵を続けます。

閉経までに40年あるとして、その間に排卵される卵子は480個です。残った数十万個の卵子は、出番なく寿命を迎えることになります。

逆を言えば、これくらいの卵子がなければ、元気で正常な卵子を排卵させることができないという事ではないでしょうか。

それほど卵子の「質」がよくなければちゃんと妊娠してくれないのです。

排卵の際には、最も成熟した卵子が選ばれる訳です。

この選ばれる候補は20代で30個~40個、30代になるとその数が減りだして、40代になるとなんと2~3個というケースも出て来るそうです。

排卵される卵子の候補が少なくなれば、それだけ健康な卵子が排卵される確率も下がってきます。それに伴い妊娠する確率も減ってくという訳です。

そうやって歳を重ねると、元気な卵子はどんどん減ってくるのです。

「健康な卵子」という点でいえば、卵子の数がいくらあっても、年齢による卵子の「質」の低下により、妊娠することは、難しくなるのです。

妊娠・出産を考えているのならば、できるだけ早く妊娠・出産できる体制を整えた方がいいですよ。

そのためにも、早く結婚ができる相手を探すことです。

その気になれば、相手を探すことはできます。
少しの努力で、大きな幸せが訪れるかもしれません。

まずは、行動あるのみです。



タイトルとURLをコピーしました