結婚をした後の「内祝い」ってご存知ですか?

恋愛物語

若い人たちと会話をすると、「内祝い」についてあまり知っている人がいなくてびっくりしました。

恋愛の話は、よくするのですが、結婚をして、お祝いをいただいて、お返しをすることをあまりよく知らない若者も多いようですね。

そこで「内祝い」について少し勉強してみたいと思います。

内祝いとは、お祝い事があったその家が、その幸せを近所や親せきなど親しい人たちと分かち合うために贈るものです。そのため、お祝いをいただいていいない方にも贈ることも、あっていいのです。
しかし現代では、お祝いをいただいた方にお返しをするといった意味の方が強いような気がします。我が家の幸せを、みんなにも喜んでほしい、その喜びを分かち合いたいというところが内祝いの本当の意味なのです。
住んでいるところによっても、内祝いの解釈が少し違っていたり、地元の習慣に合わせた内祝いの方法もあるので、ご注意を。

お祝いをもらったら、お返しをしなくてはいけない・・・とそれだけは、覚えておいてください。

いただいた商品の金額の半分くらいの金額を目安に商品を決めればいいと思います。

内祝いには、こんなにたくさんの種類があります。

・結婚内祝い
・出産内祝い
・初節句内祝い
・新築内祝い
・快気内祝い
などです。

七五三や入学、卒業、成人式なでお祝いをいただいた時は、お返しをする必要はありません。

結婚⇒出産⇒初節句そしてさらに新築と立て続けにめでたいことがあれば、お祝いを贈る方も内祝いを返す方も大変ですね。

内祝いを送らなければならい時がどんな時かわかったと思います。

さらにもう一歩進んで、贈ってはいけない贈り物もあるので、それについても少しふれておきます。

内祝いを贈るときに、大切なポイントは、内祝いをもらった相手が、喜ぶものを贈ることです。

内祝いは、「幸せのおすそ分け」の意味もあるので、縁起の良いものを選ぶとよいと思います。

結婚の際の内祝いで、あまり良くないものとして「切る」「割れる」「壊れる」といったようなものは、あまり縁起が良いとは言えません。

他にも踏みつけるもの(靴や靴下)などもあまりいいとは言えないようですよ。

若い人たちは、その品物が本当に欲しかったものであれば喜んでくれるのですが、年配の方々は、意外とそういうところを気にする方もいますので、注意してくださいね。

また現金や金券なども、もらった相手にそのまま金額がわかってしまうので、逆に相手に気を遣わせてしまします。

内祝いに、高価な物を送った場合は、どうなるのでしょうか。
これは、相手がくれたものと同等もしくはそれ以上のものを内祝いとして送ると、「気に入らなかったのかな」と思われたり「つまらないものを送ってしまったのかな」と皮肉にとられてしまいます。

内祝いは、相手から頂いた商品金額の3分の1~2分の1くらいの価格の商品を選ぶことが妥当です。

他にも、あまりにも大きい物や生もの、二人の写真や名前の入ったものなどは、NGです。

贈って便利、もらってうれしい、ネットで選べるカタログギフトは【セレプレ】

カタログギフトや内祝いなど、ハイセンスでおしゃれなギフトなら、CONCENT(コンセント)へ

タイトルとURLをコピーしました