40代独身女子は、頑固者です

恋愛物語
rebcenter-moscow / Pixabay

20代のころは、まだまだ勢いがありました

20代のころは、「楽しむなら今しかない」と思い、毎日を充実したものに変えることができました。

恋愛もほどほどに楽しむことができて、結婚も「したくなったらしよう」という程度で、それほど深く考えることはありませんでした。

しかし歳を重ねるにつれ、いろんな経験をしたばかりに「結婚って意外と大変な作業なんだ」と気が付いてくるのです。

本当は、そんな「作業」について考える必要はないのに、友達に婚活、結婚、離婚エピソードを聞いたり、子育ての大変さを目の当たりしたり、自分が経験したことのないようなことが、周りで次々に繰り広げられるので、ついつい「知識」として頭の中に残ってしますので。

決して、本人が悪いのではなく「長く生きる」とは、こういうことなのです。

では、このように40代独身の女性が結婚できるようになるには、どのような考えのもとこれから先の行動を行えばよいのか考えてみます。

なんといっても、この知識が行動の邪魔をしています。

知らず知らずのうちに、自分なりのこだわりがしっかりと「型」として出来上がっており、すべてをその型の中で済まそうとしているからです。

「なぜ、私、結婚できないのでしょう」そんな風に相談されても、話を聞いているうちに、自分の型にはめて物事を考えているので、「もっと自由に考えてください」とアドバイスをするときもあるくらいです。

それは「妥協」とは、少し違う感覚なんです。

型にはめるなというと「妥協」をしろというんですか、と問われることもありますが、それは少し違うんですよね。

「妥協」という事は、本人が我慢をしなければなりません。
そんな状況で結婚をしても長続きするはずもありません。

妥協をするのではなく「頑固」にならないという事なのです。

そこは、本当に必要な条件のひとつなのかを、もっと具体的に考えてみてください。

案外、見かけだけで、本当は、そのような条件は、その女性にとって必要ないのではないでしょうか。

最も代表的なものが、男性の外見です。確かに格好が良い男性に越したことはありませんが、本当にあなたにとって、その条件は必要なのでしょうか。

そこには、友達の目が気になっていませんか。

頑固になる必要はありません。もう一度振り返ってゼロから考えてみましょう。

それと同時に、40代にもなってくると、行動をしないうちから、これはできる、これはできないと、すぐに自分で結果を出しがちです。

これは無理だと思っても、ここも頑固さを捨てもっと柔軟に考え直すことが必要ではないでしょうか。

まずはやってみることも大切です。何もしないうちからこれはダメだと決めつけないでください。

おばさんになると頑固で融通が気かないと言われるようになりますが、これもすぐに頭で考えて、結果を得ようとするからなのです。

まずは動いてみて、「頑固」が出始めたなと自分で気が付けば、自分自身のことを振り返り、少し立ち止まって見るのもいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました