遠距離恋愛で心の距離を縮める方法

恋愛物語
dimitrisvetsikas1969 / Pixabay

SNSを多くの人が使うようになって遠距離恋愛の形もかなり変わってきましたね。

ずーっと昔は、転勤などなった時代は、恋愛や結婚といっても知り合う人は近くの人と決まっていました。

近くといっても、同じ町内だったり、同じ市内だったり、車でお互いの実家に行ける距離です。

このころは、まだ遠距離恋愛なんて言葉は、なかったんじゃないでしょうか。

時代が過ぎて、大きな会社が、全国に支店や支社を持つようになり、「転勤」という事が日常茶飯事に行われるようになりました。それに合わせるように、遠隔地の大学へ行く学生も増えてきました。

これは県を越えて離れ離れになってしまいます。車で行けないことはないでしょうが、大半は、飛行機や列車での移動となります。

この時から「遠距離恋愛」という言葉も出てきました。まさにJR東海のシンデレラエキスプレスのCMです。
遠くの彼女、彼に会うために新幹線に乗って会いに行くというCMです。

そして今どうなったかというと、SNSで知り合い、まだ一度もあったことがない彼氏、彼女と遠距離恋愛をするというパターンです。

これって「付き合っている」というのかは別として、「彼氏」と「彼女」の関係なのです。

ネット上やSNS上で、たくさんの会話をし、顔もわかるし、生活している場所もネットで検索すれば、大体のことはわかってきます。

そんな二人の遠距離恋愛を含む、遠距離恋愛の二人の「心の距離」を縮める方法をちょっと考えてみました。

この遠距離恋愛の距離を縮める方法は、出会い系アプリでのメッセージでも効果を発揮します。

ズバリ相手のとの心の距離を縮めるには、『共通の話題』を早く見つけることです。

私が今まで相談に乗った遠距離恋愛で、成功しないパターンは、知らず知らずのうちに、メッセージのやり取りがなくなり、自然消滅するパターンがすごく多いんですよね。

自然消滅するカップルに共通することのひとつとして、共通の話題がないという事なのです。

恋が盛り上げっているときは、今日あった出来事や、人のうわさ、テレビや映画の話題などで、盛り上げることができますが、それってわざわざ報告する必要がない事ばかりです。

しかし、共通の話題となるとそうは、いきません。

共通の話題という事は、自分が得た情報は、きっと相手も欲しがっている情報だと思うんです。

自分が真っ先に知ったその情報を、すぐにでも相手に教えてあげたいとは思いませんか。

また相手も同じ思いだと思います。

共通の話題を持つことで、その話題で、一緒に盛り上げれるし、一緒に悲しむこともできます。実はこれが一番大事だったします。

出会い系のSNSやアプリでのメッセージ交換も、お気に入りの相手がいれば、まずは共通の話題を探しましょう。

いち早く自分との共通点を見つけたもの勝ちですよ。

そこからメッセージの交換をすることで、話は無限大に膨らますことができます。

この共通の話題上がないと、プツンと話が終わって、メッセージのやり取りもなんとなく終わってしまいます。

出会い系アプリの場合、気を付けなければならない事は、共通の話題を投げかけているのに、返事がなったり、こちらばかりメッセージを投げかける状態になれば、それは、相手とのご縁がありませんので、潔くひきましょう。

遠距離の片思いや出会い系で初めて出会う時の、もっともおすすめのシチュエーションは、「ついで」に会いに行くという事です。

わざわざ、会いに行くのは、なんとなく恥ずかしいし、相手にとっても少し重たいですよね。

そこで本当に用事があるのかないのかは、わかりませんが、なんでもよいので、「相手に出会う」という用事以外の用事を見つけ、その用事のついでに会いに行くと良いと思いますよ。

私の経験上、このパターンは、その後も案外上手くいきます。

タイトルとURLをコピーしました